シェア

素人がダイエット等で食事制限を行うと身体を壊します。

自分自身で大きく感じたのは、食事制限を始めてから一定期間が経過すると必ず風邪をひくというものでした。

若いころは、「嗚呼、いい感じに体重減ってきたのにここで風邪か…」と思っていたものですが、何度もそれを繰り返した結果として気付く訳です。栄養が足りてないのだと。

栄養バランスが崩れ、免疫力が低下した結果として風邪をひく。そもそも「栄養バランス」なんて考えていないから太ってくる訳なので、ここに気付かないのも当たり前です。気付くまでに10年かかりました。(若いって無知のままでいられるってことだと思う)

その痩せ方、本当に体調良いですか?

糖質制限やら、バナナダイエットやらと極端なものが話題になりやすいのは分かります。普通の人がやれば確かにあっという間に数キロの体重は落ちると思うし、その辺で皆さん効果を謳うので「効果あったよ!」と話題になるのだろうと思いますが、結果として残った身体は健康体と言えるのでしょうか?

僕にはちょっと分かりません。

体重を減らすというアプローチは、他の全てに目をつむれば色んな事が出来てしまうと思うのですが、身体にダメージを蓄積させるような事をやっていれば加齢が進むだけだと思うんですよね。僕は、聞きかじった糖質制限を続けていたせいで、昼食後に酷い睡魔に襲われるようになってしまいました。栄養学を学んでからやりましょう。

そんな訳で、ダイエットの話題を見ると、体調が良いまま続けられるのかが気になるお年ごろなのです。

体調が良いまま痩せるにはどうすべきか?

2つあります。

一つは、食べた分運動して燃やす。はい、健全です。

もう一つは、栄養学を学んでバランスの取れた食事とカロリー摂取を心がける。

僕は今のところ前者です。勉強すればより効果が出るよなとは思ってますよ。

そんな訳で週2ペースで20km弱走ってます。消費カロリーは1300kcal弱程度*2/weekです。ご飯のカロリーは160g(1膳)で269キロカロリーですので9杯分程度のカロリー消費が出来ている計算になります。

全ての食事制限をやめて(まだ体調が万全ではないので、昼食は低GIを意識した食事にしていますが)走って、体重の変化はトントンといった感じなのでバランスしてます。晩酌やめれば体重落ちるかなという印象ですね。

体調ですが、すこぶる良いです。食事って大事(結論

シェア
前の記事昼食後に眠くなるなら朝飯を喰えという話
次の記事食後に眠くなりたくなければたんぱく質と脂質を摂れ?

Webとサイエンスが好き。
ソーシャルメディア回りのコンサルティングとか、サイエンスメディア(http://someone.jp)が得意領域。
最近は研究者・技術者クラウドソーシングResQueを動かしています。

キーワード:教育現場・大学教授・サイエンスイベント・ライティング・写真・映像・Ustream・Twitter・Facebook等

吉田丈治のソーシャルアカウントはこちら



コメントなし

返事を書く