食後に眠くなりたくなければたんぱく質と脂質を摂れ?

食後に眠くなりたくなければたんぱく質と脂質を摂れ?

925
0
シェア

食後の眠気は炭水化物のせい。避けるには、一緒に食べるものを選ぶこと

ライフハッカーにこんな記事載ってました。10年前位に見ておきたかった記事ですが、内容はこのブログでもさんざん触れた事です。

血糖値の急激な上昇が起こらないようにしましょうというもので、付け合せにたんぱく質や脂質を持ってくることで解決しましょうというアプローチです。

一点、違和感があるのはここかな

症状が軽いものなら、炭水化物たっぷりの食事に対して体が正常に反応しているだけ、と考えて良いでしょう。でも、眠気が猛烈で生活に支障が出るレベルだったり、医師の診断を受けて血糖値が健康上問題のあるレベルだと言われたりしている人は、炭水化物多めの食事をとる際には、サイドメニューを工夫すると良いかもしれません。

多分こういう人は、サイドメニューを工夫した程度では避けられないと思う。そもそも低GIな炭水化物を選ばないとキツいんじゃないかな。

この記事に書かれたアプローチによる落とし穴

この記事に書かれているアプローチは至極真っ当だと思うのですが、これやってると恐らく太るんですよね。元々の記事が英語で書かれているので日本人が書いた記事ではないのですが、日本人が同じような事やると確実に太ると思う。

そして、血糖値の変動による睡魔に悩まされている人って、食事のバランスを考えて生きてこなかったとか、変なダイエット方法を実践して身体がボロボロになっていたりとか(僕のことね)だと思うので、少なからず太りたくはない人が多いんじゃないかなという気がする。

太らずに、炭水化物をとっても眠くならないようにするには、身体を健康にするしかない。血糖値の変動が過度に起きないようにするには、低血糖状態になっては行けないし、そうするとちゃんとした食事をとることができるライフスタイルを身につける必要があります。

そんな訳で、この記事に書かれたことだけを鵜呑みにすると、結局体重が増えてきてご飯を抜いたりしちゃう負のスパイラルに巻き込まれる可能性が低くないと思うので注意しましょう。

最後に念のため、記事に書かれていることは間違ってないと思います。ただ、それだと確実に太ります。

この記事からの収穫:carb comaという単語を覚えた。日本語にすると炭水化物昏睡とGoogle翻訳さんは言っていた。これで検索すると色んな記事が出てくるので、調べてみたいと思います。

シェア
前の記事食事を正すだけで、人生はだいぶ楽になる
次の記事食後の眠気に対する解毒薬とは何か?

Webとサイエンスが好き。
ソーシャルメディア回りのコンサルティングとか、サイエンスメディア(http://someone.jp)が得意領域。
最近は研究者・技術者クラウドソーシングResQueを動かしています。

キーワード:教育現場・大学教授・サイエンスイベント・ライティング・写真・映像・Ustream・Twitter・Facebook等

吉田丈治のソーシャルアカウントはこちら



コメントなし

返事を書く