インスリンとは、端的に言えば血糖値を下げるホルモンのことです。

インスリンの働きによって、様々な方法で血糖値が下がるようになります。

脂肪に糖を取り込む事を促進するのがインスリンだったとは僕は知りませんでした。なるほど。

糖尿病の人は、このインスリンが足りない為に、注射して体内に入れる必要があります。そうしないと血糖値が上がりっぱなしになってしまうから。

Wikipediaによると

生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコースアミノ酸カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する。腎尿細管におけるNa再吸収促進作用もある。炭水化物を摂取すると小腸でグルコースに分解され、大量のグルコースが体内に吸収される。体内でのグルコースは、エネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さのため生体内のタンパク質と反応して糖化反応を起こし、生体に有害な作用(糖尿病性神経障害糖尿病性網膜症糖尿病性腎症の微小血管障害)をもたらすため、インスリンの分泌によりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。

インスリンは血糖値の恒常性維持に重要なホルモンである。血糖値を低下させるため、糖尿病の治療にも用いられている。逆にインスリンの分泌は血糖値の上昇に依存する。