シェア

前回記事を書いてから半年弱が経ちました。

以下は、僕の場合という話なので誰にでも当てはまる訳ではないと思いますが、経験談の一つとしてご参考まで。

という事で、昼ご飯を食べて眠くなる率がかなり改善しています。体感的にはほとんどならないというイメージ。

僕のメインのブログには、こんな感じで検索キーワードが並んでいます。

hiru0

  • 昼食後 眠気
  • 昼食抜き
  • 昼食 食べない
  • 睡魔

などなど。悲痛な叫びを聞くようです。

昼飯を食べても眠くならないために試した事は一つ

糖質制限をしない朝ごはんを食べるようにしたこと。

これだけ。

眠気の原因として、恐らく血糖値の変動が大きいのだろうという事が考えられたのですが、そこまでに起伏が出なかったらいいんじゃないのかねと。最初にリンクした記事にも書きましたが、低血糖症は血糖値が下がり過ぎると良くなりません。その為、血糖値を下げすぎないという生活を行うことで、血糖値変動が大きくならない身体を目指したという事になります。

うまくいくかわからなかったんですけどね。調子良いですよ。

でも太るよね?

僕の場合は、とりあえず体重よりも睡魔を何とかするというアプローチを優先しました。

睡魔はなんとかなったという事で、次にやるのが体重のコントロールです。

ただ、上記の通り、糖質制限食で血糖値を下げるアプローチは僕にとっては致命傷ですので出来ません。となると、食事制限をしないでなんとかするしかないという事になります。
普通に食事制限をしないでいると、やっぱり体重が増えて来ますね。
お酒を飲まないという生活にすれば維持くらいにはなる気もしますが、ガマンしない生活にしたかったので、あとは真っ当に燃やすしかないだろうなと。

すっごく地味ですけどこんな感じになってます。
要は続けば良いんですよ。
真っ当に燃やすことを決めたら、じゃぁそれをどうやって実現するのかを考える。
朝起きてとか、夜帰ってきてから運動するとかだと長続きしないので、どうするかというとオフィスからの帰路を走って帰るのが合理的だろうと。

あとは半年後くらいに体重も減ったぜってなれば良いんですけどね。うまくいくかな〜(笑

シェア
前の記事昼飯抜きを辞めてソイジョイランチにする意味
次の記事食事を正すだけで、人生はだいぶ楽になる

Webとサイエンスが好き。
ソーシャルメディア回りのコンサルティングとか、サイエンスメディア(http://someone.jp)が得意領域。
最近は研究者・技術者クラウドソーシングResQueを動かしています。

キーワード:教育現場・大学教授・サイエンスイベント・ライティング・写真・映像・Ustream・Twitter・Facebook等

吉田丈治のソーシャルアカウントはこちら



コメントなし

返事を書く